トップページ
ホーム > 上手な病院のかかり方

飼主様へのお願い
当院に御来院される飼主様へのお願いです。

病気の動物を連れてくる前に
動物は言葉をしゃべれないわけですから、ご家族の方の観察力が大切で、それによってどういう病気か検討がつくことがあります。獣医師としては飼主様からよくお話を聞き何の病気なのか、どこの具合が悪いのか検討をつけ、聴診、体温測定、身体検査を実施し、病気を絞り込むために血液検査などその他の詳しい検査をして確定していこうとします。
従って、原則として普段その動物と一緒に生活されている症状がわかる方が連れて来られるのが理想的です。患者の状態をまったく把握していらっしゃらないご家族の方が連れて来られると、本来必要のない検査までしなければならないことになる可能性があります。
もちろん、検査は飼い主様が希望されなければ実施しないわけですが、確定診断ができずに治療を進めると、治療そのものが的の外れたものになり、かえって治療費が無駄になることがあります。
小鳥、ハムスターなどの小動物の診療を希望される飼主様は、できれば動物を飼っているケージごと連れてこられる方が便、尿の状態、飼っている環境、その他の問題点もわかることがあります。 

待合室でのお願い

 うちの子はやさしいから大丈夫、うちのワンちゃんはネコちゃん大好きだから・・・。 お家の中や慣れている場所ではそうかもしれません。しかし病院では不安になっているペットも多く、普段とは別の顔を見せることも考えられます。事故防止のためにも、ケージに入れておくか、しっかりコントロールできるようにリードをつけましょう。
ネコちゃんの場合は、大きめの洗濯ネットに入れておくと安心です。

ワンちゃんは首輪が抜けないようにしましょう。首輪をきつくするとかわいそうと言われる飼主様が見受けられますが、首輪が抜けるとそれだけで事故になり命にかかわることがあります。実際、普段はおりこうなワンちゃんでも、何かに驚いて首輪が抜け、事故にあった、他の動物に咬まれた、あるいは人を咬んだという話も聞いております。もちろん、太った場合、あるいは子犬は大きくなるので注意して徐々に首輪を調整する必要があります。


 

 



まなび野動物病院


宮崎市まなび野2丁目37-4
TEL:0985-64-1741

動物保険対応の動物病院です。

アニコム動物病院用画像 まなび野動物病院ホームページからアニコム「どうぶつ健保」サイトへ
当院はアニコム損保どうぶつ
健保対応医療機関です。

正社員スタッフ募集中!

メニュー

最新情報

携帯サイトはこちらから

上手な病院のかかり方

病気・事故の予防知識

中毒情報

お役立ち情報

ブログロール

リンク集