トップページ
ホーム > ウサギで特に注意すべき病気・事故


餌が原因で起こる病気

はじめに

ウサギの腸内には肉眼では見えない生き物がたくさんいて、腸内細菌がウサギのための栄養素やビタミンを作っており、ウサギはそれを利用しています。ウサギが食べたものはその細菌の餌でもあるため、ウサギが何を食べるかはウサギの健康と深く関わりがあります。
そういう点で、ウサギにとって特に大切なものは餌の中に含まれる繊維質です。繊維質はウサギの腸内細菌には必要で、さらに胃腸を刺激し動かす作用があります。繊維質の含有量が少なく、たんぱく質・脂肪・炭水化物の含有量が多い餌の場合、腸内細菌の異常が生じ、体にとっての善玉菌が少なくなり、悪玉菌が増えてきて問題がでてきます。従って、繊維質の多い牧乾草(チモシーなど)、野菜、などを与え、ウサギにとって正しい餌を選ぶことは病気の予防ということでは非常に大切です。
ウサギ用フード(粒状餌、ペレット)には量に差があっても色んな種類の牧乾草が原料として入っていますから繊維質は入っているのですが、ウサギ用フードを与えていても、常に質の良い牧乾草が好きなだけ食べられるようにしておくことが胃や腸の病気を予防するためには大切です。ただし、硬すぎる牧乾草は口の中を傷つけることもあるようです。
与える牧乾草以外のペレットや野菜などの目安としては全体の10%が目安です。これは2015年にコロラド州立大学付属動物病院で研修したときにそのように指導していたため、当院ではそれからは10%とお伝えするようになりました。付属動物病院でのエキゾチック用の診察室内には写真付きでどの飼い主さんにも目立つように表示されていました。栄養障害、全身疾患を防ぎ、また、歯の健康のためには適切な牧乾草を与えることが大切です。   すなわち、90%の量の牧乾草を常に食べられるようにしたうえで、残りの10%は濃緑葉野菜、ペレット(制限する)、果物、他の野菜そしておやつです。
成長期の子供や妊娠・授乳しているウサギは専用のペレットを与える必要があります。通常より多くの栄養を必要とするためです。
なお、ウサギ用フード(粒状餌、ペレット)の種類を変えるときは1週間くらいかけて徐々に行う必要があります。急に変えると食欲不振になり病気の引き金になるかもしれません。


肥満・糖尿病

ニンジンや果物、穀類は与えすぎると肥満になり糖尿病のリスクがでてきます。


歯の病気(不正咬合)

歯の健康の観点からも繊維質を多く含んだ餌を与えることは重要です。ウサギの歯は前歯も臼歯も一生伸び続けます。牧草や乾草などは繊維質が多く、カロリーが低いため多くの量を食べることが必要となります。そのために、伸びている歯が磨耗し上下の歯のバランスが取れているのです。高カロリーである穀類や、たんぱく質・脂肪の含有量が多すぎる専用フードを与えすぎると、牧草、乾燥、野菜を食べる量が減り、歯の磨耗も妨げられることになります。そうすると歯のかみ合わせが悪くなり、異常に伸びた歯が口の中の粘膜を傷つけ(不正咬合)餌が食べられない状態になることがあります。
もし、臼歯の不正咬合となってしまった場合は、口の周りはよだれが出て濡れており、物がよく食べられていないため、食欲がなくなります。できるだけ早く動物病院に連れて行く必要があります。


尿石症

アルファルファなどカルシウム含有量の高い牧草を与えると膀胱結石などの問題が起こることがあるため、チモシーの方がお勧めです。ウサギ用フード(粒状餌、ペレット)の場合はチモシーを主体とした原料のものはカルシウム含有量が抑えられているため良いと思われます。
アルファルファのペレット、牧草でも問題ない場合もありますが注意も必要です。アルファルファ原料のウサギ用フード(粒状餌、ペレット)を与える場合は量を正しく決め、乾草、野菜をあわせて与える必要があります。


毛球症

ウサギの体毛が胃内に蓄積することで、胃腸閉塞を起こす病気です。症状は食欲が低下し、元気がなくなります。また、糞の粒が小さくなり、糞と糞が毛でつながっていることがあります。予防には牧草や乾草など繊維質の多い餌を与え、常に充分な水が飲めることが大切です。繊維質は胃腸を刺激し動かすため胃内の体毛を排泄する働きがあります。他には、ブラッシングをすることで口に入る体毛をある程度予防できるはずです。


異物の摂食

ウサギは室内で遊んでいるときにカーペットなどを食べてしまうことがあります。また、電気コードをかじると感電するのでカバーをつけるなど対策が必要です。
カーペットやコードなど、異物を食べてしまうと命に関わります。食べてしまった異物は腸閉塞を起こすからです。

子宮の病気(子宮ガン、子宮蓄膿症など)

メスの場合、子宮の病気になることがあるため(特に3歳以上)、避妊手術をすることで、この病気を予防することができます。


尿

餌などの影響で尿の色が正常でも赤色に変わることはありますが、もちろん病気のこともあります。
尿検査をしなければ血尿と見分けがつかないことがあるため、注意が必要です。


骨折

ウサギの骨はもろいことで有名です。骨折を防ぐにはこのことを十分認識し、気をつけるしかないのです。強く押さえつけたりするだけでも、骨折する可能性はありますし、抱っこしたとき急に何かにびっくりすると、ウサギが暴れて落としてしまい骨折するかもしれないので、正しい持ち方で抱っこする必要があります。ウサギの後ろ足は強い力で蹴ることができますから、抱っこの仕方が悪い場合は自分の体を蹴られて落としてしまったり、部屋の中では壁などを蹴って骨折するかもしれません。


食べさせてはいけないもの

中毒のページを参照してください。


参考文献

Hillyer EV, and Quesenberry KE. Ferrets, Rabbits, and Rodents: Clinical Medicine and Surgery. 1st Ed. Philadelphia: Saunders, 1997.

Iben C, Künzel F, and Handl S. “Clinical Nutrition in Small Animals (Guinea Pigs and Rabbits) GI Diseases”. 17th ECVIM-CA Congress, 2007. Veterinary Information Network. 1 June 2009. <http://www.vin.com/Members/Proceedings/Proceedings.plx?CID=ecvim2007&PID=pr18521&O=VIN> (subscription required)

Lichtenberger M. “Emergency Care of Rabbits & Pocket Pets”. Western Veterinary Conference, 2002. Veterinary Information Network. 17 May 2009. < http://www.vin.com/Members/Proceedings/Proceedings.plx?CID=wvc2002&PID=pr00716&O=VIN> (subscription required)



まなび野動物病院


宮崎市まなび野2丁目37-4
TEL:0985-64-1741

動物保険対応の動物病院です。

アニコム動物病院用画像 まなび野動物病院ホームページからアニコム「どうぶつ健保」サイトへ
当院はアニコム損保どうぶつ
健保対応医療機関です。

正社員スタッフ募集中!

メニュー

最新情報

携帯サイトはこちらから

上手な病院のかかり方

病気・事故の予防知識

中毒情報

お役立ち情報

ブログロール

リンク集